はまるほどtasty…

伊野尾慧ほか生息地じゃんぷ、にゅす、ブイロク。

君にしか出来ないことがきっとある、な24歳。

中島裕翔くん、お誕生日おめでとうございます\(^o^)/

 

f:id:ykhKd1007:20170808221929j:image

 

裕翔さん、24歳!毎年言ってるけどもうそんな歳なのね!(笑)

 

裕翔の場合ちっちゃい頃と今とじゃ見た目も中身も大人になってるから24歳と言われても違和感はないけど、もう2回目の歳男なんてわりと信じられないよ(笑)

 

 

今ドラマが落ち着いてライブ!!って感じなのだろうし、

ここ最近の裕翔は個人でのお仕事もじゃんぷのお仕事も質量共に充実したものをもらっているようで、すごく楽しそうだなあ、生き生きしているなあと感じます。

きっとお仕事がマインド面の中枢を担ってるんだろうなあってくらい、忙しそうな時ほど魅力的な人になるので裕翔には沢山お仕事与え続けてくださいませ(これも毎年言ってる)

 

あとこれは私の感覚の変化もあるかもしれないんだけど、裕翔の演技がめちゃくちゃタイプになってきて( ˘ω˘ )

でもここ数年で一気に上手くなった気もするのよね、彼自身の成長だな、うん。(笑)モデルさんのお仕事もきっと生かされているんだろうしね!

 昨年の今頃はHOPEの時期で歩くんとっても素晴らしかったと去年の記事では私言ってたみたいです(前身のブログで)

でも今は亮太の方が凄かったなあと思うし、木野くんの方が凄かった。裕翔は演技の経験を重ねるごとにしっくりとハマる役を上書きしていくから純粋に凄いなあと思います(凄い多用しすぎ、伝われ)

 

あとはもう優子みたいなさっぱりしてて尚且つ距離の近くてよく笑ってくれる女の子をそばに置いといてくれれば最強なのではないか、と。(笑)まじで結婚しなよ…←
 

ちなみについ最近HOPEあたりの雑誌を整理していたのですが、ほんとに色んなところに載ってて、どれを見ても裕翔は愛されてるんだなあと感じました。小さい頃から活躍している分それだけ沢山の仲間がいて味方がいるはずだから、これからも裕翔は大丈夫だなあと誰目線か分からないけど思います。(笑)

 

裕翔はいい意味で大人になったし、でもきっと永遠に少年のまま。

そうでないと裕翔ではないので、いつまでもそのままでいてください、私たちをほっこりうっとりひやひやさせてください\(^o^)/

 

 

裕翔にとって素敵な1年となりますように!

 

 

それではヾ(´ー`)ノ

伊野尾担ではなかった未来を考えた結果伊野尾担しかなかった。-他己分析+自己分析-

なんの話からだったかは忘れましたが、昨夜、何故だか相方と私は今の自担に堕ちていなかったら自分はどうなっていたのか、という話をしました。

 

これまた、自分で想像するより自分をよく知ってくれてる人に想像してもらう方が断然納得がいく。面白い。

 

ということであまりに秀逸だったのでその議事録をここに落としておこうと思います(笑)

はじめに言っておきますが、内容自体読んでも私という女がいかに面倒くさく"担当"というものを考えているかということ、尚且つ私に伊野尾くんや伊野尾担であるということが実はとても合っていたということくらいしか分かりません。特に皆さんが得をすることがありません。(笑)

しかしながら、きっと文面から楽しさが伝わっていただけるかな、と思うので、もしそう思ってくださった暁には、ぜひ身近なおた仲間と共に試してみてください。

 

因みにスタート地点はNEWSの増田貴久崇拝生粋増田担なのに最近JUMPが気になっている、というところからです。5年前の私まんまね(笑)

 

 

 

それではスタート。

 

 

議題:伊野尾くんに堕ちなかったら私はどうなっていたか
原案:ほるん(自他共に認めるみたかの思考回路をよく知る女、通称相方)

書き起こし:みたか

 

 

<1st Stage>有岡くんに堕ちる
①増田くんにタイプが似ている有岡くんを好きになる

②とにかく有岡くんしか見えなくなる(増田が見えなくなる)

③ある時増田くんを改めて見る

④やっぱり増田くんが好き(同時に増田くんとタイプが似ているから好きになったんだという罪悪感を覚える、ここ重要)

⑤有岡くんのことは担当には出来ない

 

ここに至るまで結構すぐです。

有岡くんが劣っているからとかそんなことは思わないけど、私はちょっとのところで増田くんが好きだし、先に好きになったということに執着する系女子なのです、これが敗因。

 


<2nd Stage>知念くんが気になり始める
⑥有岡くんや増田くんに対する罪悪感を抱きながらもJUMPを見続ける(この時点ではJUMPには担当不在)

⑦ふと気づく 知念侑李くん可愛くない????

⑧そうと気づいたら知念くんにより注目するようになり、あんな知念くんもこんな知念くんも可愛いと思い始める

知念くん知念くん知念くん、寝ても覚めても知念くんになる

⑩2度の過ちを繰り返さないように、増田くんととりあえず比べてみる

11.でも増田くんと比べようがないし…比べる要素が見当たらなかった

12.今自分はどっちに熱があるんだ?と自分を問いただす

13.知念くん!!知念くんだね!!担降り決定\(^o^)/
(因みに勝因は知念くんを守りたいという気持ち。増田くんには私以外にも守ってくれる人がいる。)

15.でも担降りして気づいた、知念くんにも守ってくれる人がいる(当然)。前提として騎士が8人いてファンもぎょうさんいるのだ。

16.でもそこはあまり気にしない、やっぱり知念くんってそれだけ守られるべき存在なんだ、よし、やっぱり私も知念くんを守るべきなんだと気持ちをさらに強く持つ。

17.そこから数ヶ月。知念くんにさらにずぶずぶはまっていくにつれて知念担になることへの敷居の高さを感じ始める。

18.何となくは分かっていたけど、知念担ってどんなに他のメンバーに愛着があっても、知念くんしか見えていない(私調べ)。しかも基本知念くんしか記憶に残っていないという特殊能力を身につけている。

19.私にはそんなことがない。やっぱり有岡くんは好きだし伊野尾くんもいいなって思うし、何なら髙木くんもいいなって思い始めた。
それに加えて、私って劣等感とかだいぶ感じるタイプ。知念くんのこと勉強不足だし昔のことよく知らないのって苦しい、でも知ったら知ったで苦しい(めんどくさい女)
知念くんのダンスはずっと見てられるし、知念くんのこと大好きだけど、私知念担は向いていないかもしれない、と思い始める。早々に挫折。

20.1番の敗因はグループ内に強火知念担がいること。多分同担拒否だし、新規とか無理って思ってる(偏見)(その名も山田涼介)

21.やっぱり私知念担だとJUMPを応援していく中で心が平和に保てなさそう。

22.意を決して担降りしたのにも関わらず数ヶ月でこんなに思い悩むってどうなの?と自分に強いているプライドと心のゆとりのなさでいきなり病む。

23.だけど知念くんのことは確かに大好き、でもこのままだと私、知念くんは悪くないのに知念くんのこと応援できなくなりそう(どん底、思考回路がスーパーマイナス)

24.そんなに思い悩んでてもJUMPは欠かさず見続ける。そしてふと気づくのだ。

あれ、私って髙木に沸いてない??

 

 


<3rd Stage>もうそうと気づいたら雄也真っしぐら
25.そして思い返してみる。私、withコンの時誰よりも髙木に沸いてなかったっけ??モニター映る度にかっこいいって言ってなかった?気づけば目で追ってたよね???

26.改めて髙木くんに注目してみる。何となく昔の映像とか見返してみちゃったりする。

27.ここでようやく思い出す。そういえば旧7の時すでに増田担だったけど髙木くんのことすっごく好きだった、なんなら雄也とか呼んでた。

28.ここで声を大にして言いたい、決して知念くんの代わりを探していたわけでもないし髙木担への敷居が低いと思っているわけでもない

29.だけどなんだか直感で思うの、髙木担になったら私、幸せになれる気がするの!!!
(散々考えながら過ごしてきたというのに、考えることを一切放棄するという防御に出る)

30.くどいけどもう一度言う、

決して知念くんの代わりを探していたわけではないし、髙木担の敷居が低いわけでも知念担が不幸だと言うわけでも絶対にない

あくまで私のスタンスに合わなかったのと、そもそも知念担が盲目だという強い思い込みがあるだけなのだ。

31.さあいよいよ始まった髙木担ライフ!
只々楽しい、ちょっと雄也が映っただけでも嬉しい楽しい、美味しいところなんて歌っちゃったりしたら尚更嬉しい、うちの子いいでしょ?!?!!と周りに言いまくる(※伊野尾担である現時点でもそう)

32.そんなこんなで迷走していた知念くんとの距離感も上手く取り戻せるようになってきた。純粋に知念くんって可愛いなあああと言ってられる私すごく幸せ。知念くんって私の雄也のこと可愛いって褒めてくれるし。あの可愛い知念くんに可愛いって言われる雄也って凄いな( ^ω^ )(盲目)

33.やっぱり髙木担になって良かった!!!
めでたくここでゴールだよ、OVER\(^o^)/

 

 

 

 

てな感じになりましたとさ(笑)

昨日の議会では上記したように私は髙木担になって日々楽しく過ごしているというハッピーエンドで終了しました。

 

しかしながら私は現在伊野尾担です。

 

 

伊野尾担である未来しか見えていないのでどうしても違和感、どうしよう、仮定の中の私も伊野尾担にしてあげたい。

と思ってしまうのです。

(伊野尾担にはならないという縛りを完全無視)

 

 

ということで、追記。

 

 

<4th Stage>伊野尾担、ここに誕生

34.毎日が楽しい髙木担ライフ。

だけどなんだか心細い、なんでだろう…また面倒くさい自問自答が始まります。

35.テレビ露出が少ないことはもはや気にもならない、だって増田担黄金期の頃なんて週1のラジオだけでおたくとして生きてて良かったと思ってた、テレビ露出なんていつ出すかわからないシングルアルバムの時くらいでも大丈夫!だった。

36.じゃあなんだろう…分かった。

37.私、愛の言葉を欲しているんだわ。

雄也がファンを愛してることはちゃんと伝わってるけど、ツンデレを好きになったことがなく馬鹿正直に受け止めてきたからそれが心細いんだわ

38.愛の言葉と言ったら山田くん?ううん、でも私超低燃費おたくだから山田くんの美しく完璧に仕上がったお顔で囁かれた愛の言葉を逐一真正面からくらってたら頭がショートしてしまう(割とガチ)から、受け流してるところある(相当失礼なカミングアウト)

テキトーでもなんでもいい、むしろそのくらいが丁度いい、そんな人…

 

いるわ…

 

無闇やたらに老若男女問わず好きだの可愛いだの平気で言う人、いるじゃないか、髙木くんとあんまり絡まないからちょっと忘れてたわ(設定24hTV前)

 伊野尾くん!!いたじゃない!!!私に最適な人!!!

そういえば顔がめっちゃタイプだって幾年も周りに言い回り続けてる

でも私って顔から入ったことがないんだよなあ、と思い返すし中高生の頃は正直そういう人苦手だったが、もうこの歳になるとそれもそれでいいかとかなってきてしまっている

ここで4度目の選び間違えをしないように増田くんも含めて私の条件と比較(もうこの時点で面倒くさい)

私の条件:

  • 顔はどストライクであるに越したことがない 0.5点
  • 表情が大事1.5点
  • 歌は上手いに越したことがない 1点
  • 声質のが大事(でも喋ってる声は全然頓着なし) 2点
  • 演技は上手いに越したことはないがどちらでも 1点
  • 愛の言葉は適度に欲しいしキラキラしてないでほしい 2点
  • 努力は適度に 1点
  • 振られたことを全力でやる 2点

 

増田くん→顔はどストライクではないがタイプではある表情が好き歌がうまいし声が好き演技は舞台向き、愛の言葉苦手、現状維持派だし振られたことは頑なにやらない6/11

有岡くん→顔はどストライクではないがタイプではある表情が好き、歌は上手いってわけではないが歌声が好き演技は上手い愛の言葉わりと平気でキラキラ度高め(リア恋)、わりと現状維持派だけど振られたことは全力 7/11

知念くん→顔はどストライクというわけではないがタイプではある、表情は可愛いけどすごく好きというわけではない、歌は上手くなったけども好きなタイプではない、演技は上手い愛の言葉はやるけどわりと照れ隠しでふざける、現状維持派で振られたらやるし出来る 5.5/11

髙木くん顔はタイプだが表情はタイプというわけではない、歌は上手いし声質が好き演技は普通、愛の言葉は上手いが頻度が低い、現状維持派で振られると意外にも全力 6.5/11

伊野尾くん顔はどストライク表情も好き、歌はヘタだが声質は割と好き(になってきた)、演技は苦手愛の言葉多用キラキラしてない好奇心旺盛で振られたら全力 10/11

 

 これにプラスして、

ファンは担当以外も目で追っていても罪悪感なし、新規でも開き直れるか、グループでのポジションは最初から真ん中ではない

が入ったとしても、まあ言わずもがな。

 

 

…うそやん、伊野尾くん条件満たしすぎでは(出来レースではありません、悪しからず)

 

冷静に分析するともう伊野尾担になるのは必然だったんじゃん!!ということが分かりました。

 

つまりは、遅かれ早かれJUMPにハマった時点で私は将来伊野尾担になっていた

 

 それならば、こんな優柔不断な私を一発で仕留めてくれた伊野尾くんに感謝するしかないではないか、ありがとう伊野尾くん。

 

ということで結局長くなりましたが、こんな分析の仕方もありだなあと思ったのでご紹介してみました。

皆さんも是非ともやってみてください。(笑)

 

 

 

私は相方の山田担ではなかった人生をこれから考えてくるのでここでおさらばしますm(__)m

 

 

 

それではヾ(´ー`)ノ

 

 

 

番外編「もしもNEWS、セクゾがオーケストラ団員だったら…」

だいぶ前にUpした「もしもJUMPがオーケストラ団員だったら…」が完成して数日たったある日、

相方とまたも考えついてしまったのです…(随分と前から書いてはいたものの途中で止まっていて最近また書き進めました(笑))

 

「NEWSがOBにいたら、楽しくない…⁈」

「せくぞはきっと後輩にいるよね…???」

 

ということで、番外編「もしもNEWS、セクゾがオーケストラ団員だったら…」あくまで自己満(しかもせくぞに関しては浅い知識しかないの)ですが、お付き合いいただける方がいましたらぜひとも一読くださいませ(笑)

 

前回書いたのが、こちら↓

http://ykhkd1007.hatenablog.com/entry/2016/11/24/005623

 

 

これと同じ大学オケで、おじゃんぷメンバーは前回同様BESTが4年生、7が3年生設定でございます( ^ω^ )

 

因みにじゃんぷは、

山田→1st ヴァイオリン[コンサートマスター]

知念オーボエ[会計](元フルート)

中島トロンボーン[学生指揮者]

岡本ヴィオラ

有岡クラリネット[元渉外]

髙木→チェロ

伊野尾→2ndヴァイオリン[元会計]

八乙女→トランペット[元インスペクター]

ファゴット[元学生指揮者]

です。(詳しいことは前記事へ)

 

 

そして、今回考えたのがこちら↓

手越→1st ヴァイオリン[元コンサートマスター]

増田コントラバス

小山→2nd ヴァイオリン[元団長]

加藤ヴィオラ[元インスペクター]

 

佐藤→1st ヴァイオリン

健人→2nd ヴァイオリン[次期学生指揮者]

菊池→ホルン

松島クラリネット

マリウス→パーカッション(入団予定)

 

(今回も画像は色々なところからお借りしています) 

 

それではまずはNEWS編から\(^o^)/

 

 

 NEWS〜OB編〜

 

○手越/1st ヴァイオリン(1stVn)

f:id:ykhKd1007:20170716005014j:image

[弦セクション]

・弦楽出身

・OB1年目(元幹部)

コンサートマスター(以下コンマス)

 

オーケストラのザ・花形。
メロディは俺に任せとけ、なポジション。


コンサートマスターとはオーケストラ全体の司令塔のようなもの。指揮者の指示を汲み取り、管弦打楽器全てのパートが分かるようにザッツ(合図)も出すし、基準となります。

 

3歳の時からサッカーに明け暮れサッカー命。高校ではサッカー部として活動する傍ら女の子にモテると思って楽器を始めることに。

ギターとかオーソドックスなものもいいなと思っていた(し実際練習した)が、部活紹介で観た弦楽に魅了される。

かっけー、弾けたらかっけー、ただそれだけだがそれも彼が入部するには充分な理由。

もちろんサッカー部にも参加していました、合奏の時はユニホームのままダッシュで楽器を出し必ず出席。

初心者でありながらメキメキ成長。高校時代は夏のサッカー部引退を機にコンマスを数曲経験。(未だに悔しい、サッカー部のキャプテンとコンマス兼任したかった)

 

大学ではサッカー部がなくサークルのみ。フットサルも全然ガチじゃなさそう。それなら自分で作るし!ということで外部でチーム持ってます。

大学に入るまでには経験者を蹴落とすレベルまでになっていたので、当然1年の時からコンマス候補。

3年生になりコンマスに就任。いつの間にか金髪がトレードマークになったけど、見た目抜きにしても抜群の存在感と美しいヴィブラートで、実力はソロがある曲を定期演奏会でやることになる程。

ちなみに、前回のを読んでくださっている方はもうお分かりの人もいらっしゃるかもしれませんが。

 

高校では初心者ばかりでその中では上手かったが、大学で入団した当時のコンマス(2個上)が抜群に上手かった、それを抜きたくて必死に練習した甲斐があり、よく子供の頃からやっていたのかと後輩に勘違いされる。(1st Vn 山田)

 

まさにこの先輩。

コンマスの山田氏が闘志をメラメラ燃やした2個上の先輩でございますm(__)m

 

サッカー命、楽器は高校から、1年からコンマス候補として注目される、共通点が多いだけに彼はひたすらこの人が抜きたい…!と練習したのです。

 

一方の闘志を燃やされている方はこの後輩が可愛すぎて仕方がない。

手「なに、山田くん質問したいの?はーい、じゃんじゃん聞きなばっちこーい!なになにそれ教えてほちいの?ほちいの??どうしよっかなあ〜?んー、じゃぁあチュー、してくれたら…

山「ふざけないでください、教えてください

こんな頭のおかしい先輩に勝てない自分がとても悔しい山田氏です。

ちなみに、コンパ中お酒が入った勢いで手越先輩、可愛い山田くんのほっぺにチューゲットしております(笑)本人は覚えていないところが恐ろしい。

 

とはいえ人一倍アツくて仲間を大切にする男です、頑張るやつにはとことん付き合います。山田くんにもちゃんと指導しました(笑)

ただ俺が先陣切ってくからみんなよろしく頼むぞ!という男気タイプなので、足並み揃えて上にいきたい山田くんとは似て非なるもの。タイプが違う。

教え方は斬新、丁寧に教えてたかと思ったら最終的には擬音語。ヴィブラートとか仕組みからしっかり教えてくれてたはずなのに、最終的には手首掴んで

手「こうしてこう、手首をだな、こう、そうそう!その調子でバチーンと決めてけばおけーい!

 

現4年の八乙女薮伊野尾は諸事情により呼び捨てしてくる。なぜなのかは団員みな知らない。

 

好きな教科はめちゃくちゃ成績がいいのに共通教養科目とかは好きじゃなけりゃマジ無理!と単位を落としまくった手越さん。4年間で何とか単位をかき集め卒業後はスポーツ用品の営業マンです。(そんな髪の色でいいの?という苦情は受け付けておりません(笑)

卒団後、団へそんなに頻繁には顔を出さないけど、時々ふらっと山田くんやお気に入りのメンツ見たさに遊びに来る(対象:山田健人知念佐藤)

ただし小山慶ちゃんが一緒に来てくれるときに限る、1人でくるなんてノンノン。

スペオキの後輩はいるが定期演奏会とかには来ない。OBとして前回の定期演奏会も来なかった。多分これから先も来ない。そういう人なんです。

 

 

○増田/コントラバス(Cb)

f:id:ykhKd1007:20170716005036j:image

[弦セクション]

吹奏楽出身

・OB2年目

 

コントラバス弦楽器の最低音担当

オケ曲では主に伴奏で縁の下の力持ちですが、メロディが突然舞い込んできたりすることも多い。あの大きな楽器でガシガシ主旋律を張るのは圧巻です。

 

中高は実のところ吹部のクラリネットパートでバスクラリネットを担当していた彼。どうやら相当上手かったらしい。

小学校はサッカークラブに入っていて、中学ではバスケ部に憧れて入部。不真面目に受けていた音楽の授業で先生に目をつけられ音楽室に居残ることも多かった。放課後そこで活動していた吹奏楽に興味を持ち1年の途中から転部することに。途中入部で学年のバランスを取るため希望は特に問われなかったが、有岡くん同様男の子だからという理由で大きい楽器を任される。

 

大学でもバスクラリネットを希望するつもりであったが、オケ曲でバスクラは大編成でないとなかなか出てこないためB♭クラと兼任することが条件だった。でも俺は低音楽器が続けたい、その考えは変わらず、ということでコントラバスに転向。

 

愛称まっすー。笑顔が可愛い、生粋の愛されキャラで先輩後輩どちらにも親しまれている。

中高と周りは女子ばかりだったが、姉がおり小さい頃から姉の友達と 遊んでいたからか女子の気まぐれにもわがままにも慣れている。そのため自然と争いことには巻き込まれないで上手いこと生きてきている。人見知りの子ほどグイグイ話しかけて仲良くなりたがるので初めはだいぶ引かれる。だけどいつの間にか仲良くなってるからすごい。女子と仲良しだけど大抵まっすーって良い人だよねー、カレシなんてあり得ないけど。と言われる。地味に傷つく。

 

団長だった同期の小山とも、インペクだった後輩のシゲとも仲が良いからか幹部だと思われがちだがヒラ団員。役職についているわけでもないのだが好意でよくいろんな仕事のお手伝いをしていた。

 

中高時代クラリネットパートだったこともあり大学でもクラリネットパートとは仲が良い。

特に2個下の有岡とは仲が良くOBとなった今もしょっちゅうご馳走しているらしい、服もあげてる。そういえば有岡くんがこないだ着てたトレーナー、どこかで見たことあるなと思ったら…?

それと、クラリネットパートの1年生の男の子、熱烈なまっすーファンになったって話ですよ。その辺は後ほど経緯を確かめてみましょう。

 

OBとなってからも学祭はもちろん、こないだは外部から依頼された演奏会にも来てくれていた。定期演奏会はエキストラとしてのってくれる。他のオケにもエキストラで駆り出されているらしい。

 

 ちなみに意外にも酒豪、そこそこ強い。美味しくお酒を飲む席が好き。飲みの場では後輩のシゲと一緒に司会を頼まれがち。めっちゃすべるでもシゲが全部拾ってくれるから頑張れる

 

 お洋服が大好きで現在アパレル系のお仕事をしているらしい。そのため土日が忙しい日々が続いているので楽器が大好きでもアマチュアオケ(アマオケ)には入れていないが、その代わり平日休みに団へ遊びに来ることが楽しみのひとつ。

めっちゃ差し入れしてくれるから団員皆まっすー先輩が来るのを待ち望んでいる、後輩たち単純。アンパンマンのパン工房のパンが十八番(微妙に懐かしネタ)

 

ファッション用語以外の語彙力は低めだけど持ち前の愛され体質で日々楽しく過ごしているらしい。

 

 

○小山/2nd ヴァイオリン(2nd Vn)

f:id:ykhKd1007:20170716005014j:image

[弦セクション]

・初心者

・OB2年目(元幹部)

・元団長

 

小学校から中学まで野球命、野球少年だった。高校は帰宅部だったが、大学ではウェイ系のサークルに入るつもりがなぜかオケ部に入団(経緯は不明)

初心者が多いパートにしようとヴァイオリンを専攻するも、難しい。ただ、楽器が出来ないからといって仕切っちゃいけないというわけではない、みんなと仲良くなりたいし1年の初めから学年会を企画しては幹事を務めていたため、周りから何かと頼られる(パシられる)存在に。

 

団長は大学側に提出する資料やら作成したりという仕事はあるが、基本は幹部のサポートをして回る役割。基本優しく社交性おばけの彼にはまさに適役

主要素が優しさと社交性である彼は当然先輩や後輩にもモテモテで彼女は絶えない(が、少々重たい恋愛観のために続かない)。飲み会はコンパマスター、但しお酒はちと弱い、すぐ酔っぱらう。

 

一個下に入ってきたクレイジーボーイ(=手越)がよく懐いたため、彼のお世話係は2年の時から社会人になってもなお継続中。(笑)美容院やらその他諸々の予約なら慶ちゃんにお任せ。彼が金髪を保てているのは慶ちゃんのおかげ。そのくせ得意のイタズラの餌食は決まって慶ちゃん。可愛いから許してしまいよく周囲から怒られていた。みんな理不尽…

 

そんな手越後輩と一緒に入ってきた加藤シゲちゃんとは幼馴染、2人とも大学に入り1人暮らしになってもご近所さん、腐れ縁。手越を甘やかして怒ってたのは基本彼。シ「手越を甘やかすんじゃねええばかたれ」小「だってえええ可愛いからついさあああ」そういうシゲちゃんが1番小山を甘やかす、どっちが先輩か分からないとよく言われる。

社会人になり職業はアナウンサー。同期の中ではめちゃ忙しい人のはずなのに1番遊びに来る、隙あらば遊びに来る、部活大好き。

まっすー先輩同じく差し入れ多し、しかしかなりの甘党のため大体激甘な品。甘いもの苦手勢の髙木とかに陰でげんなりされていることは知らない。(笑)

 大学からの楽器キャリアのため腕前はそこそこだが土日お休み(平日帯番組レギュラー)のためよくエキストラに駆り出される。ゲネプロなしで本番とか世にも恐ろしいことをよくやる。先輩そんなに遊びに来てくれるならトラ(=エキストラ)でのってくださいよってやつ。

 仲がいい後輩はありちゃん(有岡)と薮ちゃんで、薮くんに関しては成人式の年にスーツを貸してそのままあげた。太っ腹。

基本いいやつなんです、とってもいい人。

 

 

○加藤/ヴィオラ(Vla)

f:id:ykhKd1007:20170716005231j:image

[弦セクション]

・初心者

・OB1年目(元幹部)

・元インスペクター

 

中高は大学附属で頭も良し、顔も良し、インテリおぼっちゃま。

集団行動が苦手で運動も苦手で中高部活に入らず過ごしてきたが、一つ上の小山の熱烈アピールに押され負け入団。

 

名前が恰好良いから法学部を専攻。ヴィオラは自分の性格にあってそうだし(小山も弦楽器だし)専攻。

何となくで入った部活でまさか中心ポジションであるインスペクター(指揮者の先生と連絡とったりお世話したり、団の予定組んだり云々、端的に言えば質のいい雑用)をやることになるとは…人見知りだし一人っ子だし(←関係ない)俺には無理じゃん!!と思っていたのだが…

シ「インペクってあれじゃん、コミュ力ないと出来ないとかじゃん…そりゃスケジュール立てるのとかは得意だけど先生と連絡とるとか無理だし…俺以外がやった方が絶対い…」増「シゲもインペクやる学年になったかあ」小「いざとなったら俺もいるしシゲちゃんなら大丈夫」手「じゃあシゲで決定〜!」シ「俺の話を聞けそこのお前らあああ…!!」てな具合で決まった。(こんなテキトーじゃ本来はダメ。(笑))

 

決まったからには自分の仕事はちゃんとやりたい男なため頑張ったが、金輪際、一生、インペクなんぞやらん!!!と言い張っている。

ちなみに先生と話せるようになってもピザの出前は頼めない。ぼっちゃんだからバイトもしたことなかった、それでいて1人暮らしを謳歌している、ぼっちゃん。

 

趣味は釣り、映画・音楽鑑賞、写真、ギター、梅干し作りなど多趣味。職業は書籍の編集さん(←めっちゃコミュ力大事じゃん)

梅干しは、本番前とあとに食べたがる同期(手越)のために持ってきたところ好評だったので、最近は最早手越のために漬けている。

 

忙しいからあまり遊びには来られないが求められると頑張るタイプなので頑張って時間作って遊びに来る。

 

サブカル全般精通しているためその界隈が趣味の団員はとにかくシゲ先輩が遊びに来てくれる日を楽しみにしている。

 

直属の後輩である圭人はシゲ先輩が編集に携わった本を毎回チェックしているらしく行くたびに感想を言ってくれる、可愛い。同じ初心者ということもあり何かと気にかけてきたが、卒団してからのが仲がいい。趣味のギターも共通してるのでよく教えてあげる。

 

二個下の裕翔(Tb)とは写真の趣味で共通点があり、団内では恐れられているマジレス裕翔先輩もシゲくんが来るとふわふわしているのである意味最強。

 

三個下の風磨(Hr)は最初苦手な人種だと思っていたようだが、演奏会当日の場内係が一緒になり仲良くなった。見た目と違って礼儀正しい人種(ex小山)にはめっぽう弱いらしく、とても可愛い後輩の1人。

 

ヴィオラは初心者が多い、なおかつ同期がいないため3年では彼がヴィオラトップに。なったからには頑張る頑張り屋さんだった。高音は苦手だが中低音は得意

 

 

 

さてさて、NEWSは皆弦楽器のイメージで固まりました(おそらくQUARTETTOのせい)

4人各々のスタンス、歌声諸々合わせてとてもバランスが絶妙なので、前列をぜひとも引っ張って行ってた学生時代であってほしい…という願望です(笑)

 

 

 

 

さてさて、ここからは知識浅めのせくぞちゃんに突入します\(^o^)/

どうか温かい目で見てください(笑)

 

 

Sexy Zone〜後輩編〜

 

○佐藤 /1st ヴァイオリン(1st Vn)

f:id:ykhKd1007:20170716005014j:image

・初心者(元陸上部)

・1年生

 

中高陸上部、中距離選手として好成績を残していたけれど、大学ではサークルしかなく、入ろうか迷っていた。部活サークル勧誘の人混みに辟易していた中何気なく逃げ込んだ先がオケのコーナーであり、居心地の良さに入団を決める。

 

顔がヴァイオリンだと先輩に言われ、ヴァイオリンになるも、音楽って難しいなあと思っているところ。

もともとギターは嗜んでおり弾き語りも出来るけれど、同じ弦楽器でも勝手が違う。黙々と練習する派なので皆が休憩し始めても黙々と楽譜にかじりついている。そんな頑張る勝利が可愛いけど、時には休憩も大事だからと山田先輩がよく話しかけてくれる。優しい。そこで勝利はやっと休憩。

 

姉兄兄に囲まれた生粋の末っ子後輩力がめちゃ高い。弟が欲しかった勢(山田、健人他)にとっては可愛い弟のような存在。

 

実は風磨くんに教わってホルンも吹けるようになった。そんな時間があったらヴァイオリン練習しろ、とコンマス山田先輩に怒られたけどたまにはいいでしょと思って密かに練習している。密かに練習していることは知ってるけどいつも頑張ってヴァイオリンも練習してるから大目に見てあげるコンマス、結局のところ甘い。

 

まだまだ初心者のため弓の返しも左手の動きもたどたどしいし度々合奏中にフリーズしている姿が見受けられるが、合奏後に頑張って練習姿に皆頑張ってほしくて代わる代わるアドバイスしに来る。頼らなくとも周りに甲斐甲斐しくされる愛され役、生粋の末っ子力。

 

大人しそうに見られがちだけど、実はよく喋る。親しくなると先輩でもあだ名呼びとか出来ちゃうし結構肝っ玉座っている。親友の(Cl)とはよくじゃれ合う姿が目撃されており、そんな少年らしさもある1年生に悶える先輩女子続出。

 

 

○健人/2nd ヴァイオリン(2nd Vn)

f:id:ykhKd1007:20170716005014j:image

・個人経験者

・2年(次期幹部)

・次期学生指揮者

 

ひとりっ子(それなりのお金持ち)で育った彼はピアノ・ヴァイオリンを幼い頃から嗜んでおり、高3年時学祭に来た時コンマスを試しに任されていた当時大1の山田先輩に一目惚れ。この大学でこの人と音楽をするため入団。

 

もちろん尊敬している先輩は山田先輩。OBのまっすー先輩や当時の4年生手越先輩にも可愛がってもらっていたし気に入られてたけど、彼の目指すところは山田先輩。永遠の憧れ

 

キラキラした彼の容姿から華やかな1stVnかと思いきや、影で支える2ndVnのサイドを担っているけんてぃー先輩。

ヴァイオリンの腕前はなかなか良いが、同期には次期コンミス候補(圭人の彼女※前記事参照)がいることや、彼自身合唱コンクールやらで指揮経験があることからコンマス候補ではなく次期学生指揮者候補として注目されている。

(まさかのこれ書いた数日後にらじらーで吹奏楽だったら指揮者やりたいってけんてぃー言ってたみたいで非常にビビりました(笑))

conductor中島と呼ばれたいらしいです。

 

1年生の頃はおとなしくにこにこして育ちのいい可愛い後輩だと思われていたが、徐々にその頭角は現れる。今ではキラキラ王子さま常に発動状態、団内では一種の変人認定されるまでに。

 

1年女子や他大学には熱烈なファンも多くいるという。モテモテなことは自覚しているため、どんなレディーにも男子にだって対等に接する。裏表はなく常に王子さまなあまりその本性を探ろうとした者は何人もいたが、はじめから裏がないのだから本性もなにもない

 

個人経験者で2ndで、ピアノが弾けて、何かと共通点の多いのは同じ2ndヴァイオリン伊野尾先輩変人というところまで共通するが彼とは似て非なるもの。

"違う方向にやばい伊野尾"との異名を持つが、本人は至って嬉しい。何せ伊野尾先輩は彼の(モノマネの)十八番!伊野尾先輩が言わなさそうな台詞シリーズは密かに1,2年生の間で流行っている。先日本人の前でも披露した。

こんなに似ていても尊敬する先輩は山田先輩。(ここ重要)←

 

学指揮候補として度々外部から依頼された演奏会などの際に振ることもあるが、

合奏練習での彼の指導はなかなかに個性的。

健「はい、そこ。1stVnね、もっとsexyに、お願いします。もっともーっと甘く美しく、dólceだからね。あと、そこの有岡先輩(Clトップ)のソロ、今のでもすごく美しいんですけど、あと少しスケール感を感じでください。例えば草原をイメージしてみて?先輩には見えているはずです、小鳥のさえずる広大な…」風「うっせー、もっと具象的に言え

同期の風磨とは仲は良いはずですが、根本的に人生のスタンスが違う為時々喧嘩になります、他学年はひやひや、同期は飽き飽きしていますがそれが彼らの交わり方なのでそっとしておきましょう。

 

ちなみに後輩や女の人にはめちゃんこ男らしい面があります。

基本女子供は"守る存在"として表現します。流石王子さま。あと松島の友達:マリウス(通称マリ、高校3年生)も同様に守らなくてはいけないという概念があるため、度々俺はあいつの彼氏か!と思う時がある。

 

 

○菊池/ホルン(Hn)

 f:id:ykhKd1007:20170716010111j:image

吹奏楽出身

・2年生(インカレ)

 

中高男子校育ち、生粋の骨太ボーイ。髪色を度々派手な色に変えたり不良っぽい服装だったりと見た目は奇抜くちゃらついていそうだが、上下関係のしっかりした男子校吹奏楽で6年間育ったため、めちゃくちゃ礼儀正しい

 

他大学(高学歴)からインカレでこの団に入団している。大学にも管弦楽団吹奏楽はあるが、ここの音楽が1番自分に合っていると思ったらしい。

 

ホルンの特徴である金管らしからぬ優しい音色からバリッバリのゴリッゴリ金管音も出せるオールマイティ。音程は少し低くとるのが心地よいらしく低め。

ハイスペックなため大体トップを任されることが多いが、2nd〜4thの立ち回りも上手。

 

歳の離れた弟と妹がおり下の子たちの面倒みが頗るよい。特に松島(Cl)はステージ上でも近くになることが多く(ホルンがクラネットの隣になる体形は多い)世話を焼いてあげている。松島くんがとちると有岡兄さんなどのクラネットの先輩よりも誰よりも早く突っ込む。

 

1stVnの勝利が懐いてよくホルンを教えてくれと言ってくるので練習後に教えてやったりする。それ故時々コンマス山田氏にはうつつをぬかさせるなと怒られるが、ホルンの才能のがあるのではと思わせる勝利の素質を勿体無く感じているためこっそり教えている。黙認されていることは知っている上でこっそり教えていると確信犯。

 

こんなことも出来るのは、先輩には積極的に関わりにいきながらも礼儀正しく硬派な一面もあるため先輩からのウケがとても良いため。特にコンマス山田兄さん裕翔先輩加藤さんからの信頼は厚い。みんなから幹部になってほしいと熱望されているがインカレのため悩み中。ちなみに親しい先輩のことは兄さん呼びいくつもの懐に住み着いている

基本肩書きに囚われることなくみんなが団に関わることを大切にしているため、ヒラでもいいのではと思っている。

 

分かりやすくモテる。特に面倒見の良さから1年生にモテるが団内で彼女を作るつもりはなし。彼にとって後輩は可愛い妹のようなものだし、同期は大切な仲間だし、先輩は信頼すべきお姉さま方である。大学の方に彼女がいるとウワサにはなっているが真相は不明。

 

同期の中島とは弦と管で時々意見の食い違いが起こることもあるが、彼の実力や団に対する情熱は分かっているつもりなので尊敬している。実力はテゴマス並みである。また2人のやり取りを一部では"第2のゆとやま"と称されている。

 

 

○松島/クラリネット(Cl)

f:id:ykhKd1007:20170716010443j:image 

 吹奏楽出身

・1年生

 

生まれも育ちも静岡県

中学の入学式で聴いた吹奏楽部の演奏に魅了され、クラリネットに興味を持つ。絶対にちゃんと練習することを約束してお父さんに買ってもらった。買ったからにはちゃんと練習するんだぞ、とお父さんからも言われていたし(お姉ちゃんのつけまつげ何本買えると思ってんだ!とよく言われる(※これは実話))、何よりクラリネットが好きなので頑張って練習した努力家さん。

高校はこの大学付属の高校へ進学、たまたま大学のオーケストラの定期演奏会を聴きに行って、彼は理想の音に出逢ってしまった。

 

知念侑李オーボエの音色である。

 

根っからのおたく気質であり、この名前見たことがあるぞと調べ上げたところ、中学の時県大会を聴きに行った際出逢った音色だ、あの時はフルートだったはず、すごい…え、ウソこれ運命?!おれもオーケストラ部入るしかない!!そのためにここの大学入る!!!…といった経緯である。

 

それから団の定期演奏会やその他の演奏会は必ずチェックするようになり部活の見学も熱心に問い合わせたり熱意がやばく入団前から団内がどよめいていた

 

 そんな高い志を持って入団した彼、念願だった✨知念先輩✨との初共演(ただし合奏練習)は緊張してリードミスりまくり下手だと思われた…と凹む。(笑)

でも普段から練習している音を聴いてる知念先輩はきっと分かってくれてるし何より隣の優しい有岡先輩(Cl)が緊張してるんだもんなあとフォローしてくれた。優しい。

 

そして入学早々彼はまたも運命の出逢いをしてしまった。

 

月に何回か現れるOBの先輩、コントラバス増田貴久先輩

 

バスクラを中高吹いていたらしく直属の有岡先輩とも仲がいいOBの先輩であり、度々練習部屋に遊びに来てくれる。ドストライクなファッションセンスに音色、弾いてる姿…知念先輩に申し訳なくなるくらい好きになってしまった。増田くんが来ない日は服やアクセサリーをこっそり真似していて、時々増田くんが勤務しているショップに遊びに行くほど。

学年的に現役では被っていないし、なかなか自分からは声はかけられずにいたが、最近ようやく連絡先を交換出来て嬉しさでどうにかなってしまいそうになっている

 

努力家である上に勉強熱心。最近は少しでもオーケストラに詳しくなりたいし曲も聴きたいからCDを買って聴いたり、演奏会に行くことが趣味。

知念先輩や増田くんがエキストラとして出ているという情報が入り次第その演奏会は何としてでも行くという面でも熱心。現場の抑え率は異常に高い、多ステ上等。

 

明るくて特に2年の先輩に可愛がられており、ムチャぶりをよくされる。率先してちょっと空回り系ギャグをかます。

風磨先輩にはアホ扱いされるし、ちょーいじられるけど、構ってもらえるのが嬉しい、先輩らぶ。

同期は勝利と仲が良い。初めはよそよそしく勝利くんと呼んでいたが、今は勝利。なんでも言い合える仲で勝利のことも大好き。

 

しかし1番のマブダチは高校の後輩でもある現在高3マリウス葉。とっても仲が良い。来年内部進学で大学に入ってくる予定のマリウスには絶対にオケに入るよう言っている。

マリと聡の仲がいいこの世界は美しい、皆がそう思っている。

 

 

マリウス/パーカッション(Perc)

f:id:ykhKd1007:20170716010513j:image

吹奏楽現役

・高校3年生(大学附属)

 

父はドイツ人、母は日本・中国のハーフという国際派。

生まれも育ちもドイツだが、小学生の時に日本に移住してきて今に至る。日本の学校に入学してからパーカッション(打楽器)を始める。

特に得意な打楽器は鍵盤(マリンバシロフォン(=木琴)、ビブラフォン(=鉄琴)など)

ティンパニ(よく後列中央にある大きな太鼓、音階が変わる)も上手。小物系も得意、というか重いからシンバルだけが苦手というのが正しい。オールマイティ。

 

日本に来てアメリカンスクールに通っていたが、スクールの子でもなく部活の子でもない初めての日本のお友達は松島聡ちゃん。一個歳上だが、ちゃん付けしても許してくれるし対等に接してくれる、何をやっても可愛いから聡ちゃんのことが大好き。高校から一緒になり部活も一緒。ぶっちゃけ聡ちゃんのことが好きで高校お揃いにしちゃった☆といった具合。

 

小学生の頃は背が低くて巷でも有名な天使の少年であったが、身長がにょきにょきっと伸びた今でも大天使様として降臨している。

美容マニアであり、女の子からモテモテ。但しマリみたいに綺麗になりたい!!という女子の憧れという意味でである。

 

聡ちゃんのつてを使って度々大学オケに見学に訪れるためオケ内では有名人。またあの大天使来た…!と皆ざわつく。しょっちゅう松島のところやってくるし松島あんな感じだしあいつらもしや…?と一部の団員が疑っている(妄想している)

 

聡ちゃんの友達はみんな友達!聡ちゃんの友達に悪い人はいない!のスタイルなので聡ちゃんの先輩:健人くん風磨くんや同期:勝利くんにもよく懐いている。但し勝利くんには塩。なぜかは不明だが、ペットってカーストで自分の下に1人作るっていうしね〜〜と周りからは思われている、勝利不憫。(笑)

 

 

 

いかがだったでしょうか(笑)?前回同様大妄想も甚だしい内容となりましたがとても楽しかったです。改めてプルト表を作ってみました。

 

f:id:ykhKd1007:20170716004012j:image

 

長期にわたる私のみのない妄想にお付き合いいただきありがとうございました←

(ここまで読み切ってくれた人がいるのか怪しいですが)

また思いついたら書くかもしれません(懲りない)

私もこんな団に所属してみたい人生だった(笑)まあ、何だかんだ現実の所属団体も頗る楽しいので私は私なりに残り少ない現役生活を謳歌したいと思います〜〜( ^ω^ )

 

それではヾ(´ー`)ノ

 

 

ちょっとツイてない雨の日も 君の手にかかれば水遊び、な27歳。

祝伊野尾慧27歳\(^o^)/

 

f:id:ykhKd1007:20170621202554j:image

 

これを書くにあたって前身のブログに久々にアクセスし1年前の記事を読み返してみたんだが、去年の私はめちゃんこ褒めちぎっててびっくりしたよ(笑)

なんせ担当降りたてで手放しに好き!!!と言えるようになりたてで、彼しか見えない\(^o^)/なんて感じだったはずだものね(笑)

 

ここから数ヶ月後何やかんやありました…(あえて触れていく)

出る杭は打たれるってのはこのことかあ〜〜と今では思いますが、芸能界の洗礼を受けたね、でも収まってよかったね…( ˙-˙ )

私情ですが、ついこの間まで所謂スキャンダルなんぞ無縁な担当だったもので免疫もなく勝手に色々考え込みましたが…行き着く先は結局好きだなあ〜〜〜という気持ちで困ったもんです。(笑)

この時期運悪くちょーうど知念くんが大好きで仕方ない時期(なんなら今もだけど)だったこともあり、暫く冷めきってしまった自分が正直信じられなくて愕然とした。担当なって半年でこんな早くも冷め期来るかよって思ったけど(笑)、映画宣伝期間に入る頃までには純粋に好き!!!という気持ちがご帰宅されたのでよかったです(笑)

 

 

初めての映画、ピーチガール

遅咲きだから主演舞台も映画も色んな経験が人よりも遅めだけど、その分背伸びせず、演技の世界では先輩の美月ちゃんはじめ歳下のキャスト、またまたお父さんの升さんたちに見習うという姿勢を忘れないところがとても好きなところだなあ、と改めて思った( ^ω^ )

見栄を張らずに、そして人に対して誠実でマメな性格なんだろうなあと26歳後半は特に感じる場面が多かったなあと思います。ああ、好きだなあ。(笑)

 

それとしゃべくり!

観る前はほんとどうなってしまうか怖かったけど、美味しく調理してもらえてよかったなあと思う!あちらに求められてること賢明に応えようとする姿はなんだか誇りに思いました( *`ω´)

 

さて、私の中では毎年自担の誕生日恒例のまとめ。(笑)

f:id:ykhKd1007:20170621221008j:image

26歳の主なお仕事と、現時点で決まっているお仕事。昨年同様えげつない量です、もはやまとめてる時、それ今年だったっけ?!って項目がいくつかありました(笑)

ただ、昨年は初めてづくしだったのに対して今年はレギュラーの数が単純に多いから継続の年だったのかなあ〜と思います。

その中でも27時間テレビだったり、初映画だったり、連ドラ重要ポジだったり…成長できる年だったのだろうなあと思うと嬉しい( ^ω^ )

 

メレンゲに大ちゃんがゲスト出演して、バラエティでよく見る2人って紹介されてなんか感慨深いものがあったな…(´`)

テレビに出てることが当たり前になっているこの日常慣れちゃいがちだけど、日々感謝せねばと思うわけです。

露出やお仕事が増えたからか、色々あったからか分からないけどここ数年特にこの1年で伊野尾くんの仕草や言動が気づけば変わってたっていう部分もある。

正直露出がなかった頃の型破りな言動行動、がっつきが大人しくなったなあと感じて妙に寂しくなることもある、smart見た時でさえも思うから、きっとここ数年なんだろうなあと思うのよね。

でもその変化していっていたことに気づけないほど彼は私たちの前に出続けてくれてるんだなあとも思う。それにこれだけテレビやらなんやらに引っ張りだこで変化しない方がおかしいのよね(笑)

何かの記事で、バラエティとかに出た後反省したり心配になったりすると言っていて正直意外だった。強い子だと思ってたけど、やっぱりストレスや心配は溜まってしまうだろうから、自分のやり方でぜひ発散してね( ;  ; )

人間変化していくところばかり見てしまうけど、根本は変わらないし、なんか楽しそうに肩震わせてけたけたしてる伊野尾くんがなんだかんだ1番好きなので、どうか沢山笑っていてほしいです。

 

27歳になったわけだけど、この歳になって可愛くなっちゃったんだからこれからいつまでも可愛いんだろうなあ、ずるいなあ(笑)まさか天使→男の子→きのこ→可愛い、な変遷を辿るなんて思いもしなかったわ…

 

27歳の伊野尾くんも伊野尾くんらしくがんばってくださいませね…

伊野尾くんの頑張りがきっと私の励みになるから陰ながら応援させてください( ;  ; )

 

 それでは〜ヾ(´ー`)ノ

その笑顔で世界の空に愛のシャワーを放て!な24歳。

山ちゃんお誕生日おめでとうございます\(^o^)/

f:id:ykhKd1007:20170508150925j:image

山ちゃんについてはもう多くを語りません、無理しない程度に頑張ってくれればそれでいいです、皆が貴方の味方だから気負わずに頑張ってください!!と申し上げるのみ!!(笑)

 …といきたいところだけど(笑)

 

まあ19、20歳のころのヤマは特にそれを言いたかったころだけど、その頃は自分が引っ張っていかなきゃいけなかったメンバーたちも今じゃ色んなフィールドで頭角を見せ始めてやっと自由な心持ちでやれてるんだろうなあ…てのがグループでいる彼からもソロ活動してる彼からも感じられるから、勝手に安心してます(笑)本人も雑誌とかで言ってるしね( ˘ω˘ )

 

ヤマには年々愛おしさが増してるよ、あんな可愛らしい人ほんとになかなかいない。(笑)

ハイスペックなのにどこかコミカルな行動も出来て、やらしくならない、憎めない人だから、他メンバーだってそのファンだって、絶対エースだと信じて疑わないし、愛おしくって仕方ないんじゃないかと思います( ^ω^ )

どこに出しても恥ずかしくない我がエースなんで!!そこ本気なんで、真剣。(笑)

 

今年はちょっと腰とか心配なことも色々あったけど、無理しない時は(多分内心はめっちゃ悔しいだろうけど)無理しないみたいだしほんとにお大事にしてください(´`)

本当は10周年とか気にせずじっくり休んでこれからの長い芸能活動への負担を軽減してほしいところだけど、休んだところで某ニノさんみたいにゲームしすぎで座ってたら捻挫とかも困るので(やりかねないし(笑))、負担の少ないように頑張ってほしいに尽きる…映画の公開も二本控えてるしね…

 

とにかくヤマが笑っててくれればじゃんぷ担幸せだから!ぜひ笑顔の多い1年でありますように!!

年男とか信じられないけどね!!山田涼介が世に放たれてから2回目の干支回ってきちゃうよ!!!(笑)

 

ヤマちゃんにとって素敵な1年となりますように( ^ω^ )

 

 

それではヾ(´ー`)ノ

 

僕だけを見て、な26歳。

有岡大貴くん、お誕生日おめでとうございます\(^o^)/

 

f:id:ykhKd1007:20170415001100j:image

 

大ちゃんが26歳なんてまじで冗談抜きで信じられません…なんなら20代だっていうのも未だに信じられません(笑)

 

ヒルナンでは全力でいじられポンコツキャラ炸裂してるけど、

実はグループでいるとMCのつなぎ目とか絶妙なパスしたり、メンバー談によれば音楽に関しては物知りで色々な知識がある(ただしひかの受け売りもあり、伊野尾くんの嘘っぱちもあり)っていうし、いいお兄さんなんだろうなあと思う。

デビュー当時から本人がよく言ってる"真ん中だからこその潤滑油"っていうのは、最近は年の差があまり気にならなくなってあまり意識してないってどこかの記事で言ってた気がするけど、何だかんだずっと変わらず大ちゃんの役割なんだろうなあといちファンとしては思います。

 それとファンの人が誇れるような自分に、グループになりたいって定期的に発言してくれるのは凄く安心できることだな、と。あんなにモテ要素あるのに

Jrの時はうんと大人しい(というかグループ内ナンバー2なのに地味…)という印象だったし、

それからじゃんぷにどハマりするまでは明るくなってはっちゃけたしグループ内では3番手人気なのに世間では認知されてない子…っていうなんとも勿体ない存在だと思ってたけど、

ここ数年でヒルナンはじめ有吉ゼミやらの成果か、出てない番組でもメンバーに名前挙げられてちゃんと分かってもらえるまでになっていて私はとっても嬉しいです(どこから目線)

 

超独特の食レポとかポンコツキャラ(きっと半分以上本気、時々わざと)が際立っちゃうけど、実はダンスもめちゃっっっくちゃ上手だし何よりあの唯一無二のミルキーボイスの持ち主だし、演技も自然にできる人なんだってことが世間にもっとバレたらまじで立ち直れない女子続出だと思うのでダダ漏れさせるのは気をつけようね(笑)

 

今年は映画も控えてるし楽しみだね( *`ω´)

個人的には舞台に向いてそうな演技だと思っているので、ぜひとも舞台に挑戦してもらいたいなぁなんて思います( ^ω^ )

 

あと個人的な目標は大ちゃんが26歳のうちに子役時代のドラマを観ること(>_<)就職活動とやらが終わった暁にはガオレンジャーを借りて、5月末からはリミットを観る予定…大好きなエンジンはそろそろいい加減買う予定(笑)

 

今年も色んな方面からいっっぱい愛されてね( ^ω^ )今日は藤森くんにズブズブに甘やかされるのかな(笑)、そうだといいね(笑)

大ちゃんにとって素敵な1年となりますように〜〜!!

 

 

それではヾ(´ー`)ノ

 

他愛もない日々が段々と、かげがえのない宝物に変わっていく、な24歳。

 オカモトケイトはっぴーばーすでー\(^o^)/

 

f:id:ykhKd1007:20170331134255j:image

 

じゃんぷには天使が沢山いるけどその中でも1,2を争う天使くんだと思っております、圭人さん。

もう24歳年男だもんね…年始の親子共演からまだ3ヶ月しか経ってないなんて信じられないわ…(´`)(笑)

 

(下記から先日けとぺを読んだ際にぶわーっと溢れ出した思い出話です、悪しからず。(笑)

 

正直旧7の時期突如テレビに出始めてからデビュー暫くはほんとにいやでした(すぐ辞めるとも思ってた)←

数カ月後の少クラの一瞬のソロダンスでダンス上手くなっているのがわかって、そこからやっと圭人に好感が持てるようになった。数ヶ月でこの子も努力してるじゃないか!ってすごく上からだけど思ってました。

それと、圭人がパパを盾に使えなくなった時期にようやく圭人単体に興味が持てるようになったかな。もとはパパにチャンスを与えてもらった英語、その分野でも実力が出せるようになって、それが少しずつ仕事にも繋がってて。

最近圭人はまたパパの話をするようになったけど、今度はちゃんと武器にしている気がしてそれはすごくよいことだと思ってる。

 

昔は七光りって思えて親の名前出す人嫌だったけど、それも一種の武器なんだよねってこの10年圭人を見てて思えるようになった。その面は私の中でも大きな変化だと思う。
でも、私が長年思ってるのは、圭人の武器は英語もパパもあるけど、1番の才能は"優しさ"。万物を想って言葉を紡ぐ圭人はとっても優しい。普通いなくない?選ばれなかった楽曲が可哀想だから好きな曲が選べない!なんて(笑)

 

テレビの中で生きるってきっと一般人じゃ想像も出来ない色んなことが起こるんだろうけど。そこに触れてる時間も人より多い環境に生きてたんだろうし、それでもあれだけ純真で生きるのは凄い。きっといつか報われてほしい。伊野尾くんはきっと稀な階段を上った人だと思うけど、次は圭人の番だと思ってます。

 

 

 

 雄也も薮ちゃんも春のお仕事決まって幸先いいので、圭人もこの波に乗っていけたら!本人はじっくりその時がくるまで自分を磨くと言っていたから圭人のペースでいいとも思うけど、おたくとしては圭人にも早く世間の皆さん気づいてくれないかな〜って思うのよ(笑)

 

 

圭人にとって素敵な1年となりますように( *`ω´)

 

 

それではヾ(´ー`)ノ